忍者ブログ
碧の病院観察日記
菜月アキと皇桜華の観察日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なづっちゃんの仕事をしている姿は嫌いじゃない
ナースステーションで書類とにらめっこしてる横顔がむしろ好き
集中してるんだろうなとか、何か直したいんだろうなとか、どうしようと思ってるんだろうとか


そんな中、昨日はいつもどおりなづっちゃんの問診
ここ最近なぜか熱を出してしまった私はぽけぽけと質問に答えたり処置をされてたりしたんだけれど…
なづっちゃんもお疲れのようでそのうち船を漕ぎだした
気づいてないのを確認した私はとりあえず疲れのとれる何かを買いに行こうとちょっと体をふらつかせながら売店に行ったら3時のおやつを漁っていた藤堂先生に遭遇
手には…なぜかチョコぼんぼん…先生3時にそれはないんじゃ
むふふと笑って藤堂先生は手を振っていってしまった
それを見送り、目に付いたあずきバーを2本かって、けほけほしながら病室にかえってたら目の前からすごい勢いでなづっちゃんがやってきて、


ごちむ


殴らりた…痛いっ

「もー心配したでしょーっ!いま劉斗と未環ちゃんにも一緒に探してもらってたんだからーっ!!」

ぷりぷりいうその必死な姿に私は思わず笑ってしまって…、またげんこつをくらいそうだったのを私たちを見つけた劉さんがとめてくれた

「あげる。疲れてるときは甘いものだよーっ」

私は笑って売店で買ってきたものをなづっちゃんに渡したんだ…ただ、実はこれ以降の記憶がぱたり

今日の朝、幸ちゃん先生がクスクス笑いながら教えてくれたことには私は熱が上がって倒れて速攻病室へ舞い戻らせれたんだとか
ふにー…そかそかーあとでごめんねっていっとかないと…

「まぁでも無理はだめだよv」

考えごとをしてる横から声をかけられる
「はーい」と返事をすれば「じゃ今から点滴ねv」なんて言葉が返ってきた
ひくと頬をひきつらせながら今日もまた1日カラコロ日だなとそんなことを思ったわけです。






ここを謳った、詩
いや、歌えてないかもしれない、詩
取り留めもなく思い出しては書きつろう
むしろ単なる紙切れでしかないそれは
それでも流れてくるものもあるらしく
けれど、どこに記したかわからなくなる


それを探す旅をきっと未だ続けてる
PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
Member
碧の病院。
*菜月アキ*
碧の病院勤務の看護士。
皇桜華を担当中。
いつでもどこでも逃げ出す桜華に日々悩まされ、日々地蔵を増加させる。
地蔵の入手先は秘密。

*皇桜華*
碧の病院の入院患者。
なぜかすぐ退院できるはずだったのにいまだに入院中。日々菜月看護士に怒られながら生活。
病室の前には5体の地蔵が鎮座中。
Count
アクセス解析
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31